ピックアップ

価格を抑えて治療を受ける

腎臓に疾患が見つかった場合、人工透析を行なうことが必要になります。この人工透析を行なう際に多額の費用が発生することになるのですが、価格を抑えるための嬉しい制度があります。是非利用しましょう。

詳細を読む

時間をかけて治療する

ストレスの多い現代人は、精神面から様々な症状を発症してしまうことがあります。その中のひとつに自律神経失調症があり、人によって完治までの期間が変わってきます。ゆっくりと時間をかけて治療を行いましょう。/p>

詳細を読む

鼻の疾患を改善する

鼻の粘膜に炎症が起こっている場合、くしゃみや鼻水が発生することがあります。このような症状のことを、鼻炎といいます。人によってこの症状が発生する原因は変わってくるので、個人に合った治療を行なう必要があります。

詳細を読む

性病を改善する

性行為を行なう際、しっかり予防をしていなければ性病に感染してしまうというケースがあります。もし性病に感染してしまった場合は、性病科を受診することによって、改善に最適な治療を受けることが可能となります。

詳細を読む

性病の治療

性病に感染してまった際に改善したいと考えているのであれあば、性病科に通うことが一般的かと思う場合も多いでしょう。しかし、性病科以外にも、泌尿器科などでも性病の治療を受けることが可能です。

詳細を読む

血液を綺麗にする

意外と負担がかかります。透析の送迎を行ってくれるクリニックに興味はありませんか?移動に関する負担が低減できますよ。

血液透析は自宅でも可能

人工透析の多くは、血液透析によっておこなわれています。血液透析とは、血液を浄化するという方法でおこなわれている人工透析です。まずは血管とダイアライザーという透析器とをつなぎ、血管からダイアライザーに流れ込んできた血液を浄化してから戻すのです。これにより全身の血液はきれいに浄化されますが、血液は数日ほどでまた汚れてしまいます。そのため血液透析は、ほぼ1日おきにおこなう必要があります。 しかし中には、ダイアライザーのあるクリニックが家の近くになかったり、足腰が弱かったりして、なかなか通院できないという人もいます。そのため昨今では、自宅でも血液透析をすることが可能になっています。自宅にダイアライザーを設置して、自分や家族の手で血液透析をおこなうのです。在宅血液透析には、通院による時間や体力面での負担がかからないというメリットがあります。

人工透析にかかる費用

人工透析にかかる費用は、1ヶ月でだいたい40万円ほどです。高額なので、人工透析には特別な高額療養費制度が適用されます。高額療養費制度とは、月々約8万円を超えた医療費に関しては、後日払い戻されるという制度です。しかし人工透析の場合は、一生続ける必要があるため、月々8万円でも大きな負担となります。そのためそれを考慮して、1ヶ月の自己負担金額の上限は1万円に設定されています。つまり本来は40万円ほどかかる治療ですが、制度を利用することで1万円で受けることができるわけです。 在宅血液透析の場合でも、ダイアライザーはクリニックから無料でレンタルすることができるため、やはり自己負担金額は1万円となります。ただしダイアライザーで使用する電気や水の代金は、当然自分で支払うことになります。また、ダイアライザーを設置するための電気工事や水道工事が必要になることもあるのですが、その費用も自己負担となります。