性病の治療

男性特有の病気を解決する医療機関

泌尿器科では夏休みや冬休みなど長期の休みが終わると高校生男子の来院が増えます。性病等の感染による来院です。性病の場合、女性は婦人科で診察を受けることがほとんどですが、男性は泌尿器科で診察を受けて治療をしてもらうことが普通です。このことを考えると男性にとって泌尿器科は重要な役割を果たす医療機関だということがわかります。その他にも包茎の手術など、男性の生殖器関連の病気やトラブルなどは泌尿器科を受診すると解決することができます。前立腺に関連する病気は男性特有のものです。特に前立腺がんに関してはここ数年の間に発症率が急激に増えている恐ろしい病気です。前立腺癌を患い泌尿器科を受診する男性の数も増え続けています。

男性が頼るべき医療機関

前立腺癌は癌の中でも進行が遅い病気になります。そのため生存率も高く治癒率も高い癌になります。50歳以降に発症することが多い病気です。50歳を過ぎた男性であればかかりつけの泌尿器科を決めて定期的に検査をすることが予防につながります。万が一、前立腺癌が発症したとしても継続的な治療が確実に出来ます。女性特有の病気には婦人科があるように男性特有の病気には泌尿器科を頼ることが必要です。ほかにも睾丸腫瘍などの男性特有の癌の検査など生殖器関連で心配事があるのであれば泌尿器科への受診がお勧めです。性病から生殖器の癌に至るまで年齢を問わず男性が頼りにすべき医療機関が泌尿器科です。男性は健康管理のために覚えておく必要があります。