価格を抑えて治療を受ける

医療費の公的助成制度が受けられる

腎機能が悪くなって人工透析が必要となった場合、病院に定期的に通わなければなりません。治療には多額の費用が掛かります。さすがに全ての金額を患者が指定することは難しいため、公的な助成制度が用意されています。 医療保険の長期高額疾病というものが代表的な制度の一つです。高額療養費として保険が給付され、透析治療は自己負担が最大でも1ヶ月に1万円となります。また、腹膜透析を受けた場合は、手術をした当月に申請を行うことで1万円または2万円で収めることが可能です。 この制度を利用する場合は、指定の保険組合に申請を行う必要があります。申請先は患者の加入している組織になりますので、保険証を確認の上手続きを行ってください。

制度を利用しない場合は多額の費用が必要

公的制度を利用せずに人工透析を行った場合、その費用はとても高額です。外来の血液透析の場合は約40万円、腹膜透析の場合は30万円から50万円ほどの金額が必要です。1ヶ月に一度の頻度で受けると総額でとても大きな額になってしまいますので、忘れずに申請を行うようにしましょう。 人工透析を受けている患者は心身ともに疲れてしまいます。ご家族の方が手続きの準備をしてあげることで、心身ともに負担を和らげることができます。人工透析はずっと続けなければいけない治療のため、家族のサポートで助けてあげてください。 透析治療に関しては病院だけでなくインターネットでも情報を得ることが可能です。お医者さんに相談をしながら、適切な治療を続けることが大事です。