性病を改善する

多発する未成年による性行為、もしものときに頼りやすい性病科を

 どんな時代にあっても交際には性というところがつきものになってきます。しかし未成年による性行為などはよく避難されてしまいます。それはもちろん妊娠や性病などという多大なリスクを背負う可能性があるからです。だといって子供がもし性病になっても親に頼らなかったら一体誰に頼ればいいのでしょうか。そんなときに未成年でも行きやすい性病科を作れば問題が少し和らぐと思います。  なにか違和感を感じた時に若くしておじいちゃんなどがいっぱいいる泌尿器科はいきにくいと思うのです。そんなときに学校側などで最初から困ったときは性病科になどと指導しておくとのちに性病で困る人は少しは減っていくと思います。そんな気軽に性病科に行くものではないと批判する人も出てくるかもしれません。けれど子供が困っている時に一体誰が助けてくれるのでしょうか。

世間が性病を避難することによっておこる大変なこと

 性病というものは世間ではよく避難されがちです。確かにそのような行為を行わなければこの問題は解決します。ですが人間の三大欲求と言っといてそれをするなと言われても納得はできません。なのでまずこの性病科というものを確立させるのには大人の考え方を変えていかなければなりません。違和感を打ち明けることができず、病院にも行けない、それによって将来を担ってくる子供を生むことができなくなってしまう可能性も出てくるのです。子供のうちですので誤りというものは生まれてきて当然です。だから違和感を感じたら打ち明けて病院に行きたいとしっかり言える環境を作っていくことが大切だとおもうのです。それには家庭環境、学校による性の授業、これを見直していく必要があると思います。